これからのノート


前回、前々回と「書くこと」についての記事を書きました。

>> うつヌケには、書くことがいい

>> うつヌケには、書くことがいい・2 「うつ」についてのノート



今回は、「これから(予定、未来)について」のノートに関してです。





きっかけ


こちらのノートは、「うつノート」より半年くらい前に始めました。

当時は体調も良く、前向きな頃でした。

「夢や目標を叶えるためには、書くことがいい」と読んだので、書き始めました。



その後体調が悪くなり、うつが悪化。

「夢や目標どころじゃないわ!」となったので、ノートはお休みしていました。



約2年前にうつと自分を何とかしようと思い、「うつノート」を開始。

少しずつ回復していく中で、これからのことを考える余裕が出てきました。

それに伴って、こちらのノートも再び書くようになりました。


ノートの中身


ノートの中身は、これからの目標ややりたいことです。

具体的な目標はもちろん、ぼんやりとした目標や夢なども書いています。

それ以外にも「これはわくわくする!」という、夢に繋がりそうなものもあります。


ノートの効果


このノートを書いて実感した効果は、行動を実現しやすくなったことです。



ぼんやりと、「夏頃には、あのイベントに参加したいな」と思ったとします。

思ったらすぐに「○○のイベントに参加(7月)」と記入します。

書くことで自分の意識がそこに向くようになり、参加するための行動を起こせるようになります。



いざイベントに参加しようと思うと怖気づくことがありました。

ですが、ノートに書かれた文字を見ると「過去の自分が参加したいと思ったイベント」です。

過去の自分の夢を叶えようという気もちが働いて、参加への後押しとなりました。



こういう具体的な目標じゃなくても書きます。



ノートの最初に、「毎日 わくわく楽しく生きている」と書いてあります。

これを書いたときは、それほどわくわくも楽しくもない時でした。

「書くことで叶うなら、そりゃー楽だわ」くらいの気もちでした。



それから2年半ほど経っているのですが、その頃に比べると、わくわくして楽しんでいます。

うつと自分を何とかしようと行動してきた結果でもありますが、書くことで「わくわく楽しく」に自然と意識が向いたのかなと思います。



それ以外にも、自分の好きなものやわくわくすることも書いてあります。

実現可能かどうかはさておき、こうなったらいいなということも。

人に見せるものではないので、制限なく自由に発想しています。

これを続けることで「わたしは何でもできるし、自由だ」ということに気づけました。


最後に


この「これからのノート」は、なりたい自分になるためのノートです。

いきなり大きな変化は現れませんが、書くことで少しずつ近づいてきました。

「これから」のことを考え始めたら、ぜひ書くことをオススメします。






読者登録していただくと、更新情報が届きます。
↓ お好きなボタンをどうぞ



スポンサーリンク