うつ回復のためのコツコツの力


前回の記事を書いた後、また体調を崩しました。

ストレス耐性がきわめて低いので、些細なことで体に出てしまいます。

父親と会ったのが原因で弱っていたところに、新たなストレスがかかってしまいました。



なんだか一進一退だなぁといつも思うのですが、横で見ている夫は「少しずつだけど良くなってるよ」と言ってくれます。

うつを何とかしようと決めて、2年ほど経ちます。

20年以上「うつ」と共に生きてきたので、2年やそこらでスッキリ寛解とはいかないようです。

そのことは重々承知しているので、焦らずに少しずつの回復を目指しています。



しかし!

体調が悪くなると、そういうのを忘れてしまいます。



少しでも余裕があるときは、「しばらく休めば戻る」「この時期をやり過ごそう」と思えるようになってきました。



がっつり落ち込んだときは、そうはいかないのです。

「わたしのうつは治らない」「一生こうやって苦しむんだ」とすべて悪い方へ考えてしまいます。

さらに、「どうせわたしなんて」という自己否定の考えに支配されます。



この「どうせ」というのは、拗ねたりひねくれた考えです。



けれども、それもしょうがないと思っています。

幼少期から、この世界のルールがよくわからず怒られてばかりでした。

わたしの理解できることばで説明してくれる人はおらず、理由もわからないまま、怒られ否定され続けてきました。

自己肯定感や自己愛がうまく育ちませんでした。

物心ついた頃には「わたしなんていない方がいいんだ」と思い、思春期からは「消えたい、死にたい」と思っていました。



「そんなことはない」「わたしにも価値がある」と思えるようになったのは、それこそ、この1年くらいです。

(それまでは、わりと元気な期間でも、心の奥にぼんやり「死にたい」という気もちがありました。

 死なないと決めてからは、実行することはありませんでしたが)

うつを何とかすると決めてコツコツ取り組んだ結果、ようやく自分を認められるようになってきました。



死にたい気もちが減り、自分の価値を認められるようになってきたものの、約40年のあいだ「どうせわたしなんて」と思いながら過ごしてきたのです。

体調が悪いときなどは、長年のクセでその考えに引っ張られます。



「どうせわたしなんて」、

「やっぱりわたしなんて」。



ただ、今回も同じように思ったものの、小さな回復を自分の中に見つけました。



今までは、

「どうせわたしなんて」の後には、「いなくなればいい」「死んじゃえばいい」という考えが浮かんでいました。

そして、わたしを認めてくれない「こんな世の中なんて」とすべてを恨んでいました。



今回、

「こんな世の中なんて」とは、ちょっと思いました。(思ったんかい)

けれども、「わたしなんていなくなればいい」「死んじゃえばいい」ではなく、

「信じられるのは自分だけ」と思ったのです!

(回復した今は、色々なものを信じられますよ)



これは、わたしにとって大きなことです。

自分でもびっくりしました。

自己否定の塊だったわたしが、自分を認めることができるようになっていました。



この2年ほど、「うつを何とかする」「自分を変える」と決めて取り組んできました。

日々コツコツと、規則正しい生活を心がけ、認知の歪みに向き合い、行動してきました。

そのことが、自分でも気づかないうちに自信になっていたのです。



といっても、そんなに素直に感じたわけではありませんが。



わたしを認めてくれない「こんな世の中なんて」どうでもいい、
それならそれで、わたしはたった一人でもコツコツやってくわ、


という、今までにない開き直り方をしました。



開き直ると同時に、「あれ? いままでとちょっと考え方が変わってる?」と気づいて笑ってしまいました。

自分で笑ってしまったことで、ちょっと肩の力が抜けたのかもしれません。

それからしばらくして回復しました。



コツコツやってきたことは無駄ではなかったんだなと思いました。

そして、こうやって思えるということは、やはり少しずつ良くなっているのだなとも。



面倒くさがりのわたしは、すぐに結果が出ないことは避けてきました。

うつの治療も、パッと良くなる魔法のようなものを探していました。

けれども、そんなものはあるわけないのです。

ないものを求めて探し続け、20年以上こじらせることになりました。

そして、どうにもならなくなり、ようやく2年前に「うつを何とかする」と決めました。



わたしのうつの回復は、ほんとうにゆっくりです。

日々、自分の考えや気もちに向き合っていないと見えないくらいのものです。

コツコツと取り組んでいるからこそ、ようやく2年かけて結果が出始めています。



2年前に「うつを何とかする」と決め、実行してきてよかったと思います。

自分の人生を、少しずつ自分のものにしている実感があります。

これからも、亀の歩みかもしれませんがコツコツやっていきます。







読者登録していただくと、更新情報が届きます。
↓ お好きなボタンをどうぞ




スポンサーリンク