混合状態の表で調子を把握


わたしは、うつや躁になるたび、自分に振り回されてきました。

何度、そんな自分がイヤになったことか。

でも、うつも躁も予防することで、少しずつラクになってきました。

うまく予防・対策ができれば、このまま回復に繋がると思っています。



そんな予防には、自分の調子を把握することが不可欠です。



とはいえ、自分で自分の調子を把握するのは、なかなか困難です。

(わたしにとって、日々の課題です)



先日、自分を観察しているときにある方法を使いました。

「双極性障害の混合状態」の考え方です。

それによって、自分の調子の把握がしやすくなりました。



この記事では、そのときの体験をもとに「自分の調子の把握方法」についてのポイントをお伝えしています。



回復のための第一歩として、まずは、「自分の調子の把握」です。

そこから予防・対策し、回復に繋げていきましょう。






はじまりは、いつもと違う自分


ここ数日のことです。



調べものをしていたら、どんどん新たなことが気になりました。

新しい気になったことを調べていると、さらにほかにも…



そうやって、気づけば3〜4時間ものあいだ、パソコンの前に座っていました。

1時間くらい夢中になることはあるのですが、3〜4時間はちょっと長い。

これはいつもと様子が違うぞと、ようやく気がつきました。



そこで、自分の現在の様子を観察しました。



うつっぽいわけではない、

軽躁状態というわけでもなさそう。



果たして、今のわたしの状態は???

よくわかりませんでした。


双極性障害の「混合状態の表」を使って分析


以前、ご紹介した記事があります。

>>> 双極性障害のガイドと、双極性障害の混合状態について



この記事で「双極性障害の混合状態」について触れました。



このことを思い出し、現在の自分を分析しました。

上の記事で引用した表を単純化しました。


双極性障害混合状態の表1


この表に、自分の状態を矢印で書き込みました。



気分 「→」、思考「 ↑」、行動「 →」でした。

気分は「ふつう、平常」、思考は 「上がっている、躁」、行動は「ふつう、平常」という意味です。


双極性障害混合状態の表2



「気分」「思考」「行動」に、うつと躁が混ざって出てくることを混合状態といいます。



今回のわたしの場合は、「↓」(うつ)は出てきませんでした。

(だからこそ、自分の状態がわかりづらかったのだと思います。)

気分と行動は平常で、思考だけが躁状態です。



これによって、自分の調子が見えてきました。

「混合状態ではない。

 軽躁状態とまではいかないが、やや上がっている」

双極性障害混合状態の表 結果


今までは、自分の調子をなんとなく見ていました。

これまでの見方だと、今回は「ふつうかなー」と思って終わっていたと思います。



今回、「気分」「思考」「行動」と細かく見たことで、正確に把握することができました。

把握することで、このままだと思考だけではなく、気分や行動まで上がってしまう恐れがあると気づきました。

気づくことで、予防ができました。

(頓服薬を飲むこと、ゆったり過ごすこと)


自分の調子を把握するポイント


自分の体験から、「躁うつは予防が大切」だと思っています。

自分の調子を把握し、躁やうつの兆しが見えたところで、対策する。

そうすることで、上がりすぎたり、下がりすぎることを防げます。



今回、わたしがうまく把握できたのは、

  1. 「混合状態」という概念を知ったこと

  2. 自分の状態を細かく見たこと

  3. 表を使ったことで、客観的に見れたこと


の3つがポイントだったと思います。



今回ご紹介した表は、上の3つのポイントを押さえています。

単純な表ですが、とてもわかりやすいです。

これからも、自分の体調把握に使おうと思っています。

双極性障害混合状態の表フォーマット

(↑ よかったら試してみてください。)


それでも、自分の調子が把握できないときは


表を使ってもよくわからない、自分の調子が把握できない、

そんなときは、自分以外の人に聞くのもおすすめです。



客観的に見てもらうと、スッとわかることもあります。

その際、上の表に書き込んでもらうのもいいですね。

矢印を書いてもらうだけでもいいと思います。

案外、自分が思っているのとは違う結果になることもあります。


最後に


わたしは、かつて軽躁状態をあまり問題視していませんでした。

なぜなら、軽躁状態は気分がいいし楽しいから。



でも、軽躁状態のあとに必ず落ちることを実感してから、意識が変わりました。

自分の状態(調子)の把握につとめ、なるべく上がり過ぎないようにしています。



そのためにも、今回の考え方(表の利用)はとても大切だと感じます。

双極性障害、軽躁状態の予防を考えている方、悩んでいる方の参考になりましたら幸いです。



関連記事 >>>「双極性障害のガイドと、双極性障害の混合状態について」






読者登録していただくと、更新情報が届きます。
↓ お好きなボタンをどうぞ






スポンサーリンク